Nisan’s diary

日々のなんてことないことをただただ体力だけはあるアラサーが書き綴っていますよ。

婚活〜辛い過去の話をしました〜

隠し事が嫌いで、後ろめたいことも嫌いなので正直に話をしました。


私の家族のこと

私の過去のこと



でも


それを含めて結婚したい


と言われたので、とりあえず大泣きしました。


多分普通の人は墓場まで持っていくレベルの事だったので、話すだけでも辛かったけど隠したまま結婚するのはもっと嫌だったから。


過去のことは後悔してないです。

消せない傷だから。


きちんと自分の口で伝えて、それでも良いよって言ってくれたら腹を決めようと思っていました。


こんなに受け入れてくれる人はそうそういないと思うし、何よりこんなにちゃんと私が臆せずに話をできる人も滅多に会えないと思います。


だって会って数週間の間柄なのに、給与明細見せて欲しいって言ったら見せてくれるくらいだし。


聞く私も私だけど、見せる彼も彼だと思う(笑)



とりあえず、また前進しました。


のですが、食い下がってくれた彼からまた連絡が来ました。


彼はどちらかといえば男は経済力という感じの方で。

ええ、とても立派なことだとは思うのですが私はお金も必要だけど、ほどほどでよくて。

お金がないときにでも一緒に笑って乗り越えることを望んでいて。


私の家族はどう考えても褒められる人たちではないので、そこはマイナスの共感をして欲しかったです。

嫌われたくないとどうしても良いこと良いことって変換してしまうので。


浮気するような父は立派ではないですし、経済的なことだけでずるずる繋がっている母も情けない人。

どうみても立派ではないですよ。


決して悪い人ではなかったてす。

本当に。

大多数の女性が彼にお近づきになりたいと思うだろうと感じるくらいに外見も内面も素敵ですもん。


ただ、前向きと無理なプラスへの変換はどうしても違くて。


私はどうしてあげられるのかな?

下手にまた優しくすると

とも思うし。

その反面一期一会は大切にするべき?

なんて考えたり。


本当

難しいですね

婚活って。


おわり。