Nisan’s diary

日々のなんてことないことをただただ体力だけはあるアラサーが書き綴っていますよ。

②免許をとってみた〜持ち物〜

また日本でも幼い人間が幼い人間を手にかけてしまう事件がありましたね。


命の尊さについて教えてきた

とは言うけれど、命の尊さね…


小学校高学年の姪っ子が数年前、休日に父親ととったカブトムシが死んだらしく、母こと私の姉にこう言った。


「ママ〜カブトムシ死んじゃったから、新しいの買って」


(´・Д・)」!!


姉は笑いながら「小学生なんてそんなもんでしょ」と電話口で行っていたけれど、さすがにビックリした。


そんな私でも命の尊さを知ったのは恥ずかしいかな20歳近くになってからだったと思う。


幼稚園の同級生、きょうだい、小学校の同級生、近所の浸しいおばちゃん、母がたのおばあちゃん。


成長の過程で死を目にしてきたはずなのに、身内の死の前ですらピンと来なかった。


あっ

なんだか長くなりそう?なったのでこの話はまた今度で。



②持ち物


・入れ物

2週間なので持ち物の量は人それぞれだとは思いますが、私は旅行時に使っていたバックパック40リットルで十分でした。


授業を受けるためのサブバックもあると便利です。

といっても150ページくらいの薄い教科書、筆記用具、財布とかくらいなので男性はいらないかも。


・服

ズボン3枚

トップス4枚

上着1枚

下着3枚

靴下4足

靴2足


車に乗る時は高さのない靴とズボンがベターなのでこの組み合わせに。

なかにはとっても派手な格好のかたもいましたが、人は人。

私は動きやすい服に。


靴は雨の日に濡れた時用に2足。


・ハンドタオル2枚

お風呂や洗顔用に


・洗濯用ネット

下着用です。

洗濯は部屋干ししてました。

ハンガーや服かけポールは寮に数があったため、利用させてもらいました。


・洗剤

粉洗剤をジップロックで持って行きました。

結局足りずに現地のスーパーで購入。

柔軟剤入りで小さいサイズのものだったため、300円しなかったかな。


・シャンプー類

携帯用のものだと足りないため、細い200mlのでちょうどいいです。

あと、ドライヤーは寮にあったのですがなんだか髪の傷みが半端なかったので、ツバキ油は重宝しました。


なぜならツバキ油は髪にも皮膚にも使えるそうなので。

※メーカーによる


・洗顔フォーム


・くし


・食料

食料といっても水とか。

私はどうも水道水を直で飲むのに抵抗があるため、現地のスーパーでまとめて購入していました。


箸やスプーンも一応はありますが、変に潔癖なのでこれは持って行きました。


朝食は前日に春雨スープやヨーグルトを自分で持って行くため、あると便利。


・ビニール袋

ゴミ箱、洗濯カゴがわりと結構使えます。


・折りたたみ傘


・充電器類


・鏡


・くすり

自分の運転は大丈夫だったのですが、グループで1台に乗って変わりばんこで運転するので急ブレーキが多い方もなかには…

ということで酔い止め。


あとは慣れない土地で風邪をひいたりするので風邪薬。


・ファイル

細々とした書類が多いため


・筆記用具

シャーペン

消しゴム

蛍光ペン


こんなもんでしょうか。

また思い出したら追加します。


だから今日はおわり。