Nisan’s diary

日々のなんてことないことをただただ体力だけはあるアラサーが書き綴っていますよ。

ママ友が出来たかも?

臨月になっても私もお腹の中の人も変わらず活発に動いています。

 

最近はヨガやプレママのイベントや集まりに行くようになって、先日は集まりの主催をしていた助産師さんと参加していたママとお食事してきました。

 

3人とも妊娠中で、出産予定日もすごく近くて、赤ちゃんの性別も一緒なのでなんだか親近感^ - ^

 

出産、子育てのこともそうなのですが、なんてない世間話が出来る気さくな雰囲気のお2人なので今までママ友と呼べる方がいなかった私にはとても心強いんですよね。

 

それにみんな「ガッチリ〇〇しなければ」な育児というより、「大丈夫大丈夫〜なんとかなる〜」な考え方なので疲れないのがまた良いなと。

 

そんな中で先日はおむつなし育児の話題になりました。

今の子はおむつ外れが遅くて、赤ちゃんは賢いことにオムツをしているとそこでおしっこやウンチをして良いんだと学習するから早めにオムツを外すためにも布おむつはいいんだとか。

 

うーん

どうしようかな?

 

出来たらしてみたいけど、私に出来るのか疑問です。

 

まぁ、主人はやってみてダメなら紙にすれば?と言ってくれているので気は軽いのですが。

 

ここにきてまさかの布おむつ育児かぁ

楽しめればどちらでもいいので、実験がてら やってみます。

 

のーんびり

のんびりね。

 

 

おわり。

新・ヒラキでJOG軽AIRを買ってみた

1月にヒラキのネット通販で靴を購入して約半年が経ちました。

http://nisan.hatenablog.com/entry/2017/01/20/204002

 

その後の靴の状況と新たにヒラキで購入した靴の話のまとめです。

 

前回購入した4足はグレーのスリッポン型靴を除いて現役です。

もちろんJOG軽も♪

 

それでは何故グレーのスリッポン型靴だけがダメになったのかなのですが、理由は簡単でズバリ【履きやすくて履き過ぎた】ためです。

 

本当に妊婦には楽で楽で。

いやいや、妊婦でなくともとても楽な履き心地でして朝のウォーキングから始まり夕方まで特におめかししない日はほぼ履いていました。

 

そんなある日、ついに靴の裏がすり減って穴が開くちょい前くらいになってしまったので仕方なく手放しました。

十分元は取れましたし。

 

そして今回また主人がヒラキで靴を買うとのことで、もう衣替えの季節ですし靴も涼しいのがいいと思い便乗して色々購入することに。

 

勿論大好きな500円ちょいで買えるスリッポン型靴も♪

 

嬉しいなまたあの靴がはけるのね〜

と思っていたのですが、半年も経つとレビューもいい靴だったからか前回購入した24.5㎝が他のカラーも含めて売り切れ状況∑(゚Д゚)

 

でもここで挫けません。

元々大きいとのレビューが多かったのでダメ元で24㎝を購入することに。

 

そして1週間しないくらいで届きました‼︎

f:id:peony03:20170608134316j:image

全部で7足

合計4000円少し

 

お目当のスリッポン型靴は無事に履けました!!

新しくなったJOG軽AIRはメッシュになっている箇所があるため蒸れにくく、なおかつ本当に軽い!!

手前のペタンコサンダルは未だ嘗てないペタンコぶりですごく歩きやすそうです。

奥の赤い色の靴もシンプルな装いに合わせやすそうです。

隣のホワイトの靴はすこーしきついかな?という感じなのでこれから履着続けて馴染むかどうかな?

上履きはまんま上履きです。

ピンクが可愛かったので店舗の掃除の手伝いをするとき用に買いました。

 

サイズはサンダル系がLL、バレーシューズのようなものは幅広く甲高な足なので25㎝、それ以外は24.5㎝で購入しました。

 

今回も今の所ハズレはなさそうなので、これから梅雨が明けて暑くなったら大活躍しそうです。

 

おわり。

読み聞かせは淡々とと言いますが…

分厚い小説は苦手なのですが絵本は小さな頃から好きなので、生まれてくる赤ちゃんのために少しずつ購入しています。

 

先日も購入した本があったのですが、おやゆび姫を主人が知らないと言っていたので胎教兼ねて読み聞かせをした後の話です。

 

「読み聞かせって淡々との方がいいんだって」と言われました。

 

な…なんだと???

 

主人曰く抑揚をつけると本より読み手に興味がいって内容が入ってこないから

読み聞かせ団体の人も言ってた

 

とのこと。

 

えー

オーバーな感じは良くないかもしれないけれど、コミュニケーションとして赤ちゃんに読んであげたいから小さいうちくらいはいいんじゃない?

 

それに、文字が読めるようになったら一緒に読んでいけば内容は入ってくるから関心をひいたり、一定の時間集中させたりする目的だったら問題がない気がするんだけどなぁ…

 

確かに検索してみると【読み聞かせ 淡々と】と沢山出てくるのでなんだかもやもや(´-`).。oO

 

そうだ!!

 

先輩と子どものプロが身近にいるじゃない!!

 

ということで、4人勉強好きな子どもに育てあげた姉と保育の仕事をしている妹に聞いてみました。

 

【読み聞かせは淡々とでないといけないのか】

 

姉曰く

普通に抑揚つけてる。

子供を思って沢山読んであげることが大切だと思うから。

ちなみに東大ママは読み聞かせなんてしてないって言ってたから、情報を精査して自分なりに取り入れればいいと思う。

 

 

そして妹曰く

抑揚ありなし両方習ったけど、完全に人による。

好みとか読みやすさ。

目の前の子供の状態によるから正解はないから難しいね。

 

 

そっかぁ〜

結局正解はないのなら、私は楽しく一緒に読んであげれて本に少しでも興味の持てる子どもになってくれればいいから、そこそこの抑揚は良いやということに

 

その抑揚も絵本によって変えていけば良いし、主人が抑揚がない方がいいという

考えなら主人が読むときは淡々と読んであげればいいんじゃない?と。

 

ちなみにそんな主人も抑揚があるほうが聞いていて楽しかった記憶はあるけど、内容は忘れたとのこと。

じゃあ、逆に淡々としたものも覚えているかと言うと覚えていないとのこと。

 

なんだ

結局忘れてるなら楽しくでいいや(^_^)

 

早いものでお腹生活9ヶ月になった我が子には児童館や図書館でも読み聞かせの会は結構あるので、色々な人の読み聞かせを沢山聞かせてあげたいと思います。

 

 

おわり。