Nisan’s diary

29歳で婚活1年。結婚と出産してみました。31歳で流産。人生いろいろありますな。

毎日知らない人と会話するという不思議体験

ツイッターで子育て中に髪色を明るくしたら変な人に絡まれなくなった

 

そんな内容のツイートが共感されているそうですね。

 

でも、私は変な人も含めてべつに絡まれても何とも思わないどころかうちの息子は誰にでも絡みにいくので当てはまらないな〜なんて思いながらそれをみていました。

 

流石にやばい人からは華麗に撤退しますけどね🤣

 

本当

息子は誰にでも絡みに行くのです。

 

今日も朝から銭湯に行ったのですが、そこでも知らないおばちゃんたちにチヤホヤされてご満悦でしたし、お昼はお昼で個人経営のたまに行く喫茶店でも知らない人のテーブルで何だか勝手に和気藹々と会話しているし。

 

夕方になれば今度は近所をお散歩している犬を追いかけて、全く知らない飼い主さんと手を繋いで私の方へ戻ってくる。

 

向こうで田んぼの様子を見にきているおじちゃんがいればそこへもダッシュで駆け寄ってまた話をする。

 

自分と同じくらいの子が両親と散歩しているとそっちへも駆け寄って挨拶してる。

 

なんか

子供って凄いですよね。

 

無茶苦茶コミュ力高いおばちゃんみたいで感心しちゃいます。

 

まぁ、たまには煙たがられることもあるけれど仕方ないです。

勝手によっていっているのこっちだし、本当迷惑かけてるなと申し訳なくてすいません連呼しながら散歩しているので。

 

そんなこんなで毎日知らない人と話すことが多くて、地元を離れてワンオペ育児が孤立する筈が全然な日々です。

 

なんなら、クリクリ頭の息子を通して人付き合いが広がっていくという。

 

多分私一人なら知り合いになることもなかった人たちとも繋がっていて、面倒な時もあるけどやっぱり面白いです。

 

この前も近所のお宅の前に座り込んで動かない息子に手を焼いていたのですが、何故かそこのおばちゃんからアメリカのお土産をもらいました。

 

また別の日はよく散歩で行くここら辺の観光名所になっている場所でも観光バスから降りてきたおじさんおばさんにお菓子をもらったり、謎の撮影会を始めたりと意味不明な日々を送っています。

 

お菓子は母が美味しくいただいているのでなかなか痩せないのが難点ですが、毎日刺激的で飽きないな。

 

大変でしんどくて、おとなしい子が良かったと思う日もなきにしもあらずだけれど、やっぱりこの子の母親になれて良かったなと思えています。

 

2度の流産で落ち込んだ日もあるけれど、これだけ元気な息子をしっかり受け止めてあげられるのはまだ一人っ子の状態だからだとも思うし。

 

でもね

幼稚園に正式に入ったらきょうだいが欲しいな。

それくらい離れればまたこの子のようにどえらい体力のある子供でもこの子を含めて受け止めてあげられるかなと思うので。

 

そんな日が来たら嬉しいな。

 

おわり。