Nisan’s diary

29歳で婚活1年。結婚と出産してみました。31歳で流産。人生いろいろありますな。

流産手術〜聞いてたのと違った!!〜

最後に赤ちゃん見せてもらったらまた泣いてしまうのかな

 

そう思っていたのですが

 

母それどころではなかったです😭

 

 

 

絶飲絶食で迎えた手術。

 

点滴を打つ。

途中麻酔を入れる

 

先生に『眠くなった?』と聞かれ

 

『あっ、なんかふわふわ』

『眠く…眠く…眠らない!!!!眠らないですねこれ』

 

私何故かふわふわするだけで私寝てない!!!!

 

『じゃあ痛かったら言ってね』と言われ、結局意識朦朧としながら手術されておりました。

 

何があったのかは謎のまま術後は酷い船酔いのようになり嘔吐。

 

生理痛のような痛みと気持ち悪さに

『お腹痛い〜気持ち悪い〜』

と小言を小一時間言い続けて、手術から3時間後気持ち悪い中で先生から術後の説明をかなり軽くうける。

 

『手術中のこと覚えてる?』

と聞かれたものの、記憶なんてなくて。

 

でも、私かなり普通に喋っていたらしいです。

 

何を!!??😵

どうしよ、暴言とか言ってたら😭

 

そんな謎すぎる手術でしたので、私はその後も続く船酔いの中悲しさに浸れる気力もなくなんとか自宅へ戻り、死んだように寝ました。

 

うぅう

赤ちゃん、どんな状態であろうと見てあげたかったのに

 

 

こんな母でごめんよ。

次は正産期になったらするりと産んであげるから、許しておくれ。

 

ちなみに麻酔による酔いは手術から5時間後には落ちたいました。

 

しかし

 

ご飯食べてなかったから手術終わったらモリモリ食べるぞ!!

 

と意気込んで買っていたパンたちは一つも食べることは出来ませんでした。

 

水でも吐いてたレベルなので

 

経産婦だからか腹痛に慣れているのか?大してお腹も痛くなく。

それよりも吐き気が優ってた感じでした。

 

こんな流産の手術なんてあるんですね。

体質なんだろうけれど、かなりトホホな出来事でした。

 

おわり。