Nisan’s diary

日々のなんてことないことをただただ体力だけはあるアラサーが書き綴っていますよ。

婚活〜断ったのに食い下がられた〜

 どうしたものかな。

ちゃんと分かって貰いたいからチャンスが欲しいと言われてしまいました。


でも私の中では本当に浮世離れした感じの方で、高嶺の花の君なので一緒にいると疲れるのです。


お見合いは3回は会った方が良いと言いますが、遠距離で3回となるとお互いの負担もあると思うので『違うなぁ』と思ったら相手のためにも早めに断ることにしました。


なので、当日で本当に申し訳ないもののお断りをしたのですが…


食い下がられた(´・Д・)」


確かにこの方は素敵な方です。

でも腹を割って話せなかったし、向こうも話を合わせてくれている感が強くて。


そりゃ、初対面ならそうだと言われそうですが初対面でも気づかれしない方もたまーーにいるので。


何で別けるかってだいたいスペックが同じだとやっぱり話しやすいかが私の中では重要なのです。


合えばすごく話しやすくてなんでも良いやすいです。

でもそうでないと、今の段階でのそこの差は結構大きくて。

良くも悪くもわがままが言えたり、嫌だと言えるか言えないかって後々響く気がして。



お前さんは初対面で我儘言うのかい?(´・Д・)」


と言われそうですが、我儘にしなくても自分の意思を臆せずに伝えられる相手はやっぱり貴重だと思うのです。


相手を舐めているとか、下手に見ているからではなくて『なんでも聞いてください』で『借金ありますか?』『風俗行ったことは?』とか相手のマイナス面も聞けたり、普通にきになる聞きたいことを聞ける関係。


同じ友達でもこの子には何でも話せるけど、この子にはそこまで話せないって付き合いの長さでなくともある『それ』です。


幸い良い方と沢山巡り会えたからこそ出来ることなので、本当に申し訳ないけれどありがたい苦しさではあるのですが、これは何人もお会いしたからこそわかったことです。


実際に3ヶ月以上会っていた彼のことは私は何にも知りませんでした。

過去の交際相手のこととか聞けなかったし。常に相手に合わせていて嫌われまい嫌われまいとしていました。


でもメガネさんは知り合って数週間ですが、本当に何でも言えるんですよね。

マイナス面も無理に立てようとしないし、なんでも言える。


本音を言えばお断りされた方の方が見た目はカッコ良いと思いますよ(笑)


でも見た目は年をとれば変化していくものなので、それよりもありのままを見せられることの方が大切だと感じました。



ちなみに毎度ネガティヴな外野さんは『それでいいの?』『いくらなんでも早すぎない?』と心配してくれますが、早く決めると言っても2カ月は様子を見て結婚相談所の休会も結婚が決まるまではしない予定です。

そのこともメガネさんには伝えてあるので。


後はちゃんと自分の目で相手の人柄を見て、家のことも確認して前に進めたいと思います。



まとめ

・聞きにくいことを聞ける相手はレアカードなので大切にする



おわり。