読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nisan’s diary

日々のなんてことないことをただただ体力だけはあるアラサーが書き綴っていますよ。

『結婚の決め手』がお題になっているけれど

結婚していない私にはあまり縁のない話だったりします。


でも約30年生きてきて結婚出来なかった決め手ならあります。


人生初の結婚出来なかった理由は【国籍の違い】でした。

当時お付き合いしていた彼は性格も良く気が利き、家事もしてくれる。

しょっちゅう美味しいところに一緒に行って、綺麗なものを見て、ストレスなく過ごしていました。

長男だったため跡取りで実家は見たことがないくらいの大きさ。

まさしく結婚出来れば玉の輿だったかもしれません。


でも、国籍が違ったため親族によく思われておらず断念しました。

ちなみに彼のきょうだいは国籍の違う方と結婚しているため、長男だからということも大きかったようです。


まぁ、私が人生で一番美味しい蜜を吸ってた時期ですね(笑)


そして現在の結婚の決め手にならない理由は【彼が心身ともに幼く、身内がネック】なことです。


年齢差は5つ。

人間年齢ではないと思うのですが、彼はわかりやすく今時の20代半ばで決して考え方が大人ではありません。

寧ろとても子供で計画性がないのですが、きっと私も同じような年齢の時は変わりなかったと思います。


加えて、結婚相手は私がいいらしく、私が30までに結婚するとは言ってくれるものの付き合った当初からあまり変わっているように見えないので正直少しずつ温度差が出てきています。


付き合い当初こそ私がとても結婚を望んでいましたが、2年強たったいまとなると別々に暮らしだして私の方がいやに冷静になっていること。

そして、自分の時間ができてお互いその分他の異性を見ることが多くなり


彼→やっぱりニーサがいいとつくづく思う(最近何故かよく言われる)

私→世の中は色々な人がいて、とても勉強になる。面白い。


という図式になってしまっているのです。


なので、彼が結婚の決め手を見出して口にした時には私に決め手があるかどうかが疑問ですね。


逆転現象〜。

さてこの2人、これからどうなることやらです。



おわり。